信書チャンネルのパートで冬休みに年賀状の宅配のパートをしていました

高校生の間、書簡チャンネルの日雇いで冬休みに年賀状のオーダーの日雇いをしていました。年賀状を配達する元旦からではなく、オーダー針路を感じ取る結果28お日様くらいからだったかから商売ができます。

オーダー針路は自分の家庭位なので感じ取るのはそんなに大変ではありませんでした。わたしがいるところは冬はスノーがひどく、日和が悪いと自転車でのオーダーなのでそうとうな労力をしました。

スノーの結果せまい行程は自転車をこぐことができず、引きずってオーダーをしていたことを覚えています。また、素性に配達する前に犬を飼っておるお家があり、猛烈に吠えてきて噛みつかれそうになったことも多々あります。

持ち主も止めろよと何都度思ったことか。そういった憂き目を乗り越えて毎日のオーダーが終わるのですが、私のところは生まれだったのでわりと早く終わり、空いた時間に家でくつろいでいました。

書簡チャンネルの日雇い、私の時はハイスクールばかりだったと思いますが、今はどうかわかりません。男性がオーダーで女性が仕訳をしていたのですが、当時、好みだったお子さんが仕訳をしていたので快晴ときは早く終わらせて家で寛ぐことをせず、そのお子さんのアシストをしていました。

当時はまだシャイだったので告白することもできず、一緒に仕事ができるだけで楽しかっただ。おそらく彼氏には丸出しだったと思うのですが。

時給もよく、日和のいいお日様はオーダーもすぐに終わって好きなお子さんと一緒に仕事ができるという非常に楽しい日雇いでした。ハイスクールの権かな。

書簡チャンネルには各種用件で今も行きますが、中に入って通常勤める方々の商売を見れたのはいい勉強でした。年末年始という短い間隔ですが、ぜひ一度は体験してみるのもいいかと思います。

ちなみに、奥様にパートの出来事は?って聞いたら、わたしはやっぱりナースのパートが出来事かな・・・って言われました。

わたしと異なり、出来のいい奥様はナースの免許を抱えるんですよね。結婚前までずっとナースとして働いていましたし。

なんか話を聞いてたら、ナースの商売って凄いな…って感心する事業ばかり。私の書簡チャンネルの日雇いの出来事はなしとは比べられないぐらい、深いはなしばかりでした。お金が必要な時

Back To Top